読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり入門

どんな運命が愛を遠ざけたの

ボールペン寄付

バイト先でよくボールペンをなくす。

ポケットに入れたり、カーディガンの胸元にひっかけたり、なんだかんだしているが、本当によくなくす。こんなになくしていいのか、と思うほどになくす。
不安だ。

なにかの病気なのではないか。そんな不安が、胸によぎる。

わたしはボールペンをなくすたびに、レジの横にある事務カウンターからボールペンを拝借して仕事をしているわけだが、困ったことに、そのペンもよく見失う。
ここにあるペンは<○○店カウンター用>と表記があるので、もしかしたら、わたしが落とすたびに店の誰かが拾ってくれているのかもしれない。
が、事務カウンターのペン立てのなかのペンの量は、明らかにわたしが借りはじめたころよりも減っているように思える。

そろそろ気まずくなってきた。

レジで「サインをお願いします」というたびに、ボールペンが出なくて怪訝な顔をされる。
配送の伝票に「ご住所お願いします」というたび、ボールペンが出なくて怪訝な顔をされる。
「領収書のお宛名は?」というたびにボールペンが出なくて怪訝な顔をされる。

怪訝な顔しかされていない。

きっと、ポケットからボールペンがすぐに出る人は、仕事ができる人だ。


なんでこんなことを思い出したのかというと、部屋の掃除をしていたら、机の引き出しから大量のボールペンが出てきたからだ。
ダイソーで10本100円で売っている、お尻の黒い、あのキャップ式の安いボールペンだ。

これは今までなくしたぶんを、寄付するしかない。
まあ、寄付もなにも、なくしたのは完全に自分なんだけど。